リボ払いはダメ!毎月配当金は最高!えぇ?

かぶちーずです。

かぶちーずは成長株も割安株も好きです。

ポートフォリオを見ればわかると思いますが、AAPLVMSFTPINSからBAも。また和製バフェット軍には珍しくBTIという至高の銘柄も保有しています!!

割安なものも魅力的だし、成長していくものは当然良い。

これは多くの人の感覚にも合っていると思う。どっちかが良くてどっちかが悪いということはない。グロース株投資で成功する人もいれば、会社のことを調べ尽くしたバリュー株投資家が勝つこともある。

しかし、バリュー投資というのは基本逆張り。会社のことをよく勉強し、その会社が現在市場から冷笑されている理由今後市場で勝っていく戦略がわかっている、そんな人の戦略です。

『憂鬱でなければ仕事じゃない』って本が昔ベストセラーにあったよね。この言葉の通り、お金ってのは人がやりたくないこと限られた人にしかできないこと他人に勝る努力の対価なわけですね。

素人、めんどくさがり、不勉強、こういう人が勝てる分野はどこにもない。

ところで、

「株価が暴落したから買い増しできて嬉しい」

「配当利回り5%を超えているから購入」

「毎月配当金〇〇円の目標のために購入」

これを言っている人は本当に勝つつもりがあるの?

「毎月振り込まれる配当金は心の支え」

これを言っているやつのメンタリティはリボ払いと似ている。

「毎月一定額の支払いで良い」

「余計な管理が不要」

「リボ払いは支払い名人」

リボ払いってのは人の心理をうまくついた現代の落とし穴である、というのはみなさん同意してくれると思います。お金関連で耳障りの良いもの、心地よく感じるものってのは常にネガティブ面を確認する必要がありますね。

じゃあこっちはどうですか?

誰でも簡単、毎月お金がもらえる、株価は見る必要がない、これを持っておけば年金の変わりになる。

リボ払いと高配当投資のメリットが似ているなーと思うの、私だけでしょうか?

グロース株で成功している人、バリュー株で成功している人、これはわかる。

高配当投資はどうですか?本当に資産が増えている人いますか?

最後に、この記事はブロガーの誰かを否定しているわけではないです。これは昔自分が陥りかけたメンタリティの話です。米国株ブログ村が高配当投資に支配されていた時、高配当投資って何か良いんだなぁと思っていた時期がありました。少し違和感も感じていて、そんなに傾倒することもありませんでしたが。

高配当投資が好きな方は、上記のような考え方だけでなく、銘柄分析をカッチリされている方々のブログを参考にしてみてください。銘柄のいいところだけでなく、心配なところもしっかり書かれていますから。

あともう一つ最後に、最近高配当ETFが流行っていますが、暴落が来るとか言われているこのタイミングで不人気銘柄の集合体を?って思います。オブラートに包んで言えば、頭がおかしいんじゃないの?って思う。あなたは投資で資産を増やすことが目的?それとも配当金生活をすること自体が目的?どっち?

知彼知己、百戦不殆

↓米国株バナークリックお願いします。日々の活力です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です