あちきディフェンシブな投資がしたいの

かぶちーずです。

この前ローンウルフさんがタレブという人の『まぐれ』という本を紹介されていました。戦闘力の手堅いUPにつながるよう感じたので、購入して読み始めています。本読むのが遅いのでまだかなり序盤ですが、いい感じの挿話がありました。

2人のトレーダーがいて、一人は低リスク債権、もう一人はハイリスクハイリターンな投資。ハイリスクハイリターンのトレーダーはめっちゃ儲けてて、低リスクのトレーダーをめっちゃバカにする。低リスクトレーダーはぐぬぅってなってたけど、しばらくたった後ハイリスクトレーダーは職も家も失う。やったぁ!的な話だったと思います。

100人でじゃんけん大会をしたら、必ず一人、全戦全勝で勝ち上がる人がいますよね。そういう人のことをすごいすごい!優秀だ!っていわないですよね。運がいいだけ。投資もそう。ハイリスクな投資で爆勝ちしてる人や、バリュー株で逆転勝ちをした人だって、運がいいだけの人がいる。

うん、じゃあディフェンシブで手堅く勝てる投資をしよう!決めた!と思っても、あれ?じゃあ何をしたらディフェンシブなの?ってなるよね。思ったことを集めてみるとこんな感じ。

上げ上げIT株はリスクが高い高配当株はリスクが高いバリュー投資はリスクが高いそもそも株価が安い銘柄はリスクが高いそもそも株価が高い銘柄もリスクが高い株価がヨコヨコの銘柄は投資してもしょうがないインデックス投資には勝ちたい債権バブルは崩壊するキャッシュはインフレがどーたらこーたらでダメ金はそれ自体価値を産まない

おらどうしたらいいかわからねぇ。

そんなあなたに損切り。ゲバラも言っています。攻撃と撤退を繰り返せと。

かぶちが思う安全な投資はやっぱ損切り。バリューでも上げ上げ株でも自分の調査で良いと思ったものを買う、そして損切りルールを決める。株価が上がっていったら損切りラインを上げていく。やっぱこれしかないのでは?ただ、ルール通りきちんと行動できるかってのが一番難しいのよね(あとは、相場全体が悪い時はどうするかで意見が分かれるね。これはまだ考え中。)

「損切りなんてそんなスパっとできるかしら?」そんなあなたにオススメな証券会社がマネックス証券、米国株でも逆指値を設定しておけば損切りラインで株を自動的に売れます。さあさあマネックス証券を開きましょう。

と思ったけど、マネックス証券のアフィがいつまでも承認されないから開設はもう少し待ってください。

代わりにこれ↓でも押しといてくれたら嬉しい。おやすみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です