鼻がついてますか?今は投資家カンブリア紀

(9月の記事のリライトです。)
かぶちーずです。

最近、投資手法は人それぞれ、人の投資手法を否定するな。
という意見をチラホラ見かけます。

確かにその人の性格や年齢にあった投資手法ってあると思います。

でも、最近ダイバーシティが大事だという画一的な意見が多いねほんと。
会社でもそうだし。それはそれで行き過ぎるとなんだか逆に息苦しいですね。

そして、ハイリスク・ローリターンに感じる手法ってやっぱあるよ。

カンブリア紀って知ってますか?

恐竜の時代よりも前、様々な種類の生き物が急に発生し、生命爆発と呼ばれた時代。

今の生き物の祖先も生まれたけど、いやいやいやいや、なんで生きられるの?っていう変な形した生き物もたくさん生まれ、終盤にはしっかり絶滅しました。

今って米国株投資家もカンブリア紀。

平和な時代だからいろんな手法の人が生きているけど、次の時代にはしっかり絶滅する。

昔、地上には鼻のある生き物鼻のない生き物がいました。

今、鼻のない生き物なんている?
陸上だとあまり出てこないですね。

なぜならみんな火山から出てくる硫化水素の異臭に気づかず死んだからです。

株の方も株式市場から退場しないのが大事だって言いますね。

今後どんな投資家が生き残るか楽しみです。
逆に良い時期に株式投資を始めたような気もする。

↓米国株バナークリックお願いします

2 件のコメント

  • 面白い記事ですね。
    絶滅する奴は右往左往する奴です。
    生物でも投資家でも。

    不測の事態??何それ?
    って奴は死ぬって事w

    • 黒田さん、コメントありがとうございます。嬉しいです。黒田さんはなにわの商人さんの記事によくコメントされているのを見かけます。こういうタイプの記事がお好きなんですね(^^)僕も右往左往しないよう芯のある投資手法を継続したいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です