暴落待ちはそんなに間違っているのだろうか?

かぶちーずです。

最近よく耳にするようになりました。暴落待ちはロジック的に間違っている。投資はすぐにやった方が良い。フルインベストメントで。と。

本当にそうなんでしょうか?
私なんか投資金額は我が家の資産の1/3くらいなので(運用権限がない)、もし本当にそうだったらすごく損している気がします。今すぐ全額レバレッジ3倍にしたくなります。

暴落待ち肯定派の理由の中にはメンタル面がどうとかってのもあると思います。一度に投資するのは精神的に不安だし、もし暴落が来たら耐えられなくて退場することになっちゃうからと。まあそういう定量できないものは一旦置いておいて、取引する我々がもし感情を持たないロボットである場合だったとしても、本当に今すぐフルインベストメントが最適解なんでしょうかね?

フルインベストメント派の意見で見たことあるのが、
・暴落はいつくるかわからないのだから待っても無駄
・1年前と1年後のリターンの相関を取ってみると相関がないから無駄

(これはこの前ROKOHOUSEで見ました。 http://www.rokohouse.net/archives/3388

他にもあれば教えて下さい。

・暴落はいつくるかわからないのだから待っても無駄
これは、ざっくり言うと過去のデータによれば平均で年利7%の期待値なのだから、とにかく早く投資した方が良い。暴落はいつくるのかわからないのに投資しないのは前述の7%を取り損ねている。という意見ですね。
・1年前と1年後のリターンの相関を取ってみると相関がないから無駄
これは詳細は上のリンクから見に行って欲しいですが、過去何十年分のデータで相関を見てみたところ相関係数が小さかった。だから暴落が起きた後に買い向かうというのは意味がない。しかも時間分散が効かないからリスクが高い。

という感じですね。これについてかぶちが疑問に思っている断片を以下に書きます。詳細に検証はできていないので、やっぱり上述の意見が合っていたということになるかもしれません。

・暴落がいつ来るかわからないとは言っても過去データから大体10年に1度の頻度じゃないでしょうか。今はちょうどリーマンショックから10年くらい。暴落後4~5年ならいつくるかわからないも納得ですが、今この状況ではやはりそろそろと感じてしまいます。もちろん来ない可能性もあると思いますが、過去データを使った期待値的にはどうでしょうか。暴落時の追加投入で得られるリターンはやはり大きいと思います。ボトムをどう判別するのかというのもありますが、通常の年利7%の期待値と比べるとボトムでの追加投資はやはり魅力的に感じてしまいます。

ROKOHOUSEより( http://www.rokohouse.net/archives/3388 )

・こちらはROKOHOUSEに載っていた図で、過去1年と次の1年のリターンの相関を取ったものです。この結果ではほとんど相関がないということでした。ただ、相関を取ったデータには第一象限のデータが多いように感じます。株式のこれまでの期待リターンを考えたら当たり前なんですが、気になっているのは左側の過去1年のリターンが負の時かなと思います。左側のデータの数を数えると、上が多くて下が少ないように感じます。左側のデータは下限と上限が大きい点もポイントに感じます。

・過去1年と次の1年というデータの切り取り方で本当に良いのだろうか。次の1年で復活しないこともあったり、または暴落が起きたその年に復活していることもあるのでは、と思いました。(まあこれは実データを使って何%下がった時にいくら投資するというルールで乱数を使って計算してみた方が早いのですかね。)


という感じで 疑問に思っています。もし疑問が解決して、やっぱりフルインベストメントが最適解と思ったら、奥さんと残りのキャッシュをどうするか交渉します。 早く自分の中で結論を出すべき重要な部分だと思っています。

かぶちに暴落待ちがいかに非効率か教えてあげても良いよって方、熱々のご意見をお待ちしています。
もし納得できなかったらかぶちが計算をやって結果を近日ご紹介します。(追証しやすいようにできればエクセルでやる予定です。)
↓やる気維持のためにポチポチもお願いしますね。

2 件のコメント

  • もしかして2018年末に10年に一度レベルの調整がありましたがあなたのなかではなかったことになっています?
    暴落待ちのあなたならもちろんしっかりと買い増しできましたよね?
    あなたの言う確率で言えばこれから10年先まで暴落はない可能性のが高いですよ?
    2030年頃に長期チャート見たときに2018年末の下落は大きな下落の一つとして話題に挙げられていると思います

    • あかいろさん、コメントありがとうございます。ここではメガボトムと呼ばれるような暴落時のことを想定していました。確かに昨年末のアップルショックやギリシャ危機、チャイナショックなどの中規模の下げもありますね。
      ちなみに私は昨年末の下げで株を買ったあたりが投資のスタートですね。初心者ですの。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です