狼狽売りはしてはいけないってちまたで話題ですね

かぶちーずです。

武漢のコロナウイルスが騒ぎになっていますね。
その影響で日経もダウも少し下がっているようですね。でも一昨年のアップルショックや昨年の米中貿易戦争と比べたって全然大したことない下げ具合です。

さて、最近の下げについて株クラのみなさんは「狼狽売りはしてはいけない」「長期投資家ならガチホ」「これまでもパンデミックは短期的な影響しかなかった」と持ち株を売ることへ警鐘を鳴らしていますね。

私はアマノジャクというか、何でも人の逆のことを言いたくなってしまうひねくれ者なので、これについて違う意見を書いてみます。いろいろな意見があった方が楽しいよね。

ただ、定期積立のインデックス投資家や、たくさんの銘柄を抱えていてパフォーマンスがほぼ市場平均ですって人は売るべきではないんだと思います。米国の経済を信じるしかないですね。

でも最近流行っている5~10銘柄にしか投資しないって人は、どんな局面でも売りのことを頭に入れておくべきと私は思います。長期投資家こそ長期ガチホではなく売り買いをして早めにクソ株を捨てるべきです。パンデミックは短期的な影響しかなかったのは市場全体の話です。個別株は、仮に一時的だとしても業績が悪くなる銘柄なら、これからしばらくは尾を引く可能性もあると思います。ですのでもし持ち株が損切りラインに来るほど下げたとしたら、さっさと切って様子見した方が良いと思います。例えば航空会社とかやばそうですね。(航空会社なんて人気ないから持ってる人少ないでしょうけど。)

もちろん切った後に上がって悔しい思いをするかもしれませんが、株はコツコツドカンと言いますから、逃げ遅れることの方が致命的だし、途中で入れるタイミングはいっぱいありそうです。

また、こういう下げの時に、チャンスとか言って買い増しするのも早急だと思います。押し目のタイミングで月々の定期投資を行うのが良いってのはその通りだとは思うんですが、わずか数%下げただけで余剰資金を投入するのはおかしいです。自分を長期投資家だと言うのなら、多少の上げにも下げにもどっしり構えてゆったり投資していくべきと思います。米国でコロナが流行ったらきっともっと下がりますよ。余剰資金はその時のために取っておきましょう。

なお、初心者のくせに偉そうなことを書いているかもしれませんが、私はここ数日で30%近く下げたラッキンコーヒーが気になってしょうがないゲリラです。狼狽買いしてしまいそうです。。。

中華の飲食だなんてコロナが収束するまでは手を出したくないのですが、スケベ心が蠢いています。

↓ぽちぽちしてみてください。かぶちのやる気がでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です