ダンスホールの出口で踊ってたのが良かった。問題はこの後どこで踊るのか。

かぶちです。
しばらく旅行に行ってたから久しぶりの更新。

コロナ騒ぎ以前から持っていた株はPINS以外は+10%で全部売却してノンポジマンに。
リスクヘッジで買っていたオプションもいい金になった。
ダンスホールの出口付近で踊るというゲリラ的戦略はここまではうまく行った。
問題は反転した今どうするかである。

今日のお品書き
・オプション取引の結果
・最近の売り買い(LK、ZM)
・新たに買った銘柄



・オプション取引の結果
オプションは4万円で購入した日経225プット20/12Q5000が100万円で売れたので96万円の儲け。

一時200万まで上がっていたんだけど、もっと高くなるだろうと欲をかいてしまった。だけど天井で売るのはそもそも難しいことだししょうがないね。オプションは前と同じ価格水準になったらまた保険で買う。クズコールとクズプットを長期で持つ予定。

・最近の売り買い(LK、ZM)
34ドルでINしたLK(ラッキンコーヒー)を25ドルで売却。400ドルのマイナス。。
中国のコロナ患者増加が収まったことから、中国はもう底打ち、今LKを買っておかないと乗り遅れると思ったけど、ダウが下がると普通にLKも下がって草。
まあ米国が風邪を引いたら世界が風邪を引く、当たり前のことなのかね。早とちりました。また、逆指値を入れるのを失敗していて-20%で切ろうと思っていたのが-30%まで拡大。-4万円くらい。うん。草。。。

ZM(ズーム:WEB会議とかの会社)の株価はぐんぐん上がっていてこのコロナ騒ぎで2月から見ると株価が2倍に。乗るしかないこのビッグウェーブにと思って3/24くらに15万円分IN。上がったらさらに15万円追加してトータル2倍になった時に売ったら結構儲かるじゃん!という超ロジカルシンキングで挑んだけど、次の日ダウが突如反転。ZMだけ逆に速攻で-10%になって逆指値に引っかかり終了。-1.5万円くらい。なんでなの?
LKと違って逆指値がきちんと設定できていて良かった。。。うん。良かったホント。その後ZM上がったけど。

・新たに買った銘柄
今はダウが反転して底打ち感があるね。ダウはもう底打ちしたという意見も、二番底が待っているという意見も、みんながもーーっともらしいニュースやデータをペタペタ貼って一生懸命説明してる。どうなるかさーーっぱりわからないけど、どちらかを盲目的に信じることだけは危なそう。
自分はノンポジマンなので、このまま上げたら悔しいし、ここで全力を出して二番底が来るのも嫌だという、おそらくこの記事を読んでいる皆さんと同じような気分。
ということで、この上げの中で様子を見ながら資産の半分分をちょこちょこ買っていき、もう半分は残しておいて二番底に備える、というとーってもつまらない戦略を取ることにした。大勝ちも大負けもしない。

ということで、上述のLKやZMのようなスケベ遊びではなく資産の半分を動かすわけだけど、このボラの激しい相場で-10%でロスカットとかやってるとロスカット分をただただ市場に寄付することになる。一方で個別株をロスカットなしで保有するなんて自分の宗派と違う。
ということで!かぶちはこれから含み損無視のETFガチホマンとして君臨することとした。個別株が好きなので結構嫌だったけど、暴落のリバ取りはやっぱこれしかない。十分儲かったらまたディフェンシブグロース株に乗り換えたいなぁ。

ということで、とりあえず3/26くらいに
BTI29ドルで20万円分
VDC129ドルで15万円分
を購入した。
これからも素晴らしいETFをガンガン購入していきます。

BTIはこの前40ドルで全額売っぱらった後なので、29ドルで買えてとても得した気分。

ん?「BTIはETFじゃなくて個別株、しかもクソダサのタバコ株じゃない?」って声が聞こえてくる。

よく気付いたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です