損切りはとてもクールでセクシーであるべきです

PINSを損切りしたわけなんだけどいつもと少し売り方を変えた。

これまで損切りしようって決めたら、成り行き注文で寄り付きで売っていたんだけど、
今まで売った後に反発することが多かったから少し様子見ることにしたんだ。

そうしたら、
ほら!やっぱりあがりましたよ旦那!

ということでプレで-16%だったけど赤丸の-10%(18.2ドル)まで戻したところで売れた。
朝起きたらそこから下がってるし!やったね。
売った後株が下がるのって、ん!ぎもぢいぃ!

今までダメだと思ったらファー!ダメや!って慌てて売ってたけど、
損切りはとてもクールでセクシーであるべきです。

そして損切りした後は株価を気にしない。
これが大事。
その後の株価がどうなるかなんてのはそれこそ投機。
だってこっちが買った時の前提と違うのだから。

ジェシー・リバモア、ピーター・リンチが10戦7勝だとしたら、
あたしは10戦5勝でいい。もちろん勝ち分は負け分より大きくだけどね。
負けはこれからもたくさんあるから全然気にしない。


↓なお売った翌日の終値

GAFAの値動きを教えてくれる有益なbotから非道なリプも来たよ。



全然気にしていない。
まじで。
リアルに全然気にならない。

気にならなすぎて逆に気になるわ。
逆にね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です